2008年12月31日 (水)

watapapaが行った2008~の②

サテライト/リザーブズ/U-18 他 42試合

サテライト    1試合(H0/A1)

Jサテライトリーグ
9月15日 vs 柏レイソル 日立柏 ●0-4

リザーブズ    13試合(H11/A1+1)+ SAI市原SC 1試合

JFL前期
1節 3月16日vs FC刈谷 成田中台 ●0-3
5節 4月 6日vs 佐川印刷SC 市原臨海 ●1-2 KSL2部SAI市原SCとダブルヘッダー
8節 4月29日vs MIOびわこ草津 成田中台 ●0-1
12節 5月18日vs カターレ富山 市原臨海 ●1-2 レディースとダブルヘッダー
14節 6月 1日vs ニューウェーブ北九州 千葉東総 ●2-3
JFL後期
5節 7月27日vs 栃木SC 市原臨海 △1-1
6節 8月 2日vs 横河武蔵野FC 夢の島 ●0-1
7節 8月 9日vs Honda FC 市原臨海 ○1-0
11節10月19日vs ファジアーノ岡山 鴨川 ●1-2
14節11月 9日vs ガイナーレ鳥取 フクアリ ●0-1
15節11月16日vs FC琉球 フクアリ ○1-0
17節11月30日vs 三菱水島FC フクアリ △1-1

天皇杯千葉県予選
準決勝 8月24日vs 国際武道大学 成田中台 ○2-0

関東サッカーリーグ2部 
1節 4月 6日 SAI市原SC(前・古河電工千葉)-与野蹴魂会 市原臨海 1-0

U-18    13試合(H11/A2)

千葉県平成19年度クラブ新人戦 (予選リーグAグループ)
1月19日 vs 千葉SC 市津G ○7-0
1月26日 vs 浦安JSC 市原スポレク ○18-0
1月27日 vs 柏レイソル 市原スポレク ○4-0

JFAプリンスリーグU-18関東千葉県代表決定戦
2月10日 vs 渋谷幕張高校 八幡球技場 ○ 1-0
※肩の痛み癒えず、大人しく観戦。
2月20日 vs 柏レイソルU-18 習志野市秋津サッカー場 ○ 1-1(PK5-4)
※鳴り物禁止対策初号機「洗車用品(バケツ)」登場

JFAプリンスリーグU-18関東2008 2部リーグBグループ
5月3日 vs 正智深谷高校 千葉県東総運動場 ○4-1
※雨&寒&風邪で声だしできず大人しく観戦。

日本クラブユースサッカー選手権 関東大会2次リーグ (2次リーグAグループ)
6月8日 vs 栃木SC 市原臨海競技場 ○9-1

千葉県ユースサッカー選手権大会(兼天皇杯千葉県予選2種代表決定戦)
2月16日 vs 八千代高校 習志野市秋津サッカー場 ○ 3-0

天皇杯千葉県予選
準決勝 8月24日 vs 順天堂大学 成田(中台) ●1-2

Jユースカップ2008 第16回Jリーグユース選手権大会 予選リーグ
11月 3日 vs 水戸ホーリーホックユース 市原臨海 ○3-0
11月19日 vs 東京ヴェルディユース フクアリ △2-2
※仕事帰りのスーツ応援。「ネクタイハチマキ」しようとしたら止められた。
11月24日 vs 東京ヴェルディユース ヴェルG ○3-1
※雨の中、傘の柄を背中に差し拍手の手をフリーにする技を皆に伝授。
決勝トーナメント
12月14日 vs セレッソ大阪ユース 南津守 ●0-1
※深夜バスで早朝大阪入りし、なんば見物。ただしほとんど開店前。

      金子拓也くんのご冥福をお祈りします。

高校/大学サッカー 14試合

第86回全国高校サッカー選手権大会
1月2日 流経大柏(千葉)-久御山(京都) 柏の葉公園競技場 2-1
同日第2試合  東福岡(福岡)-野洲(滋賀)〃 1-0
1月3日 流経大柏(千葉)-北越(新潟) 市原臨海 2-0
同日第2試合  東福岡(福岡)-佐賀北(佐賀)〃 3-1
1月5日 流経大柏(千葉)-東福岡(福岡) 市原臨海 0-0(PK4-2)
同日第2試合  藤枝東(静岡)-三鷹(東京B)〃 2-0
1月6日 流経大柏(千葉)-津工業(三重) 国立競技場 6-0
同日第2試合  藤枝東(静岡)-高川(山口)〃 1-0
1月14日 流経大柏(千葉)-藤枝東(静岡) 国立競技場 4-0

平成20年度第57回全日本大学サッカー選手権大会 準々決勝
12月23日 流通経済大学 - 福岡大学 西が丘 1-0
同日第2試合 中央大学 - 高知大学   〃   3-2

第87回全国高校サッカー選手権大会
12月30日 鹿島学園(茨城)-一条(奈良)国立競技場 1-1(PK4-2)
12月31日 青森山田(青森)-鹿児島城西(鹿児島) 市原臨海 3-4
同日第2試合  不木方(岩手)-大阪桐蔭(大阪)〃 0-5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

高校選手権決勝

CA流経柏、強かったぁー!判断早くワンタッチツータッチで小気味よく繋ぎゴールを襲い続ける。トーナメントが進むにつけ、強さと風格が増したような。優勝後センターサークル真ん中にカップを置いて、グルリとメンバーが並ぶパフォーマンスも。
B久々の静岡県勢の決勝進出とあって、国立を藤色がジャック。しかし藤枝東の「ボールを運ぶ」スタイルは、流経柏得意のプレスの餌食になったような感じ。後半に球離れが良くなってから互す場面も作れたんだが…素直に流経柏の強さに脱帽です。
今年もローカル色豊かな応援なども含め楽しませてもらった高校選手権。来年はどんなスターやドラマに出会えるか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 7日 (月)

インカレ!

Photo ↑こと全日本大学サッカー選手権も、男女共1/13(日)国立決勝へむけいよいよ佳境。今日行われた男子準々決勝で中京(ジェフ縁でいえば、楽山母校)、法政、早稲田(同 結城)、そして駒澤(同 巻)が勝ち上がり、10日に中京ー法政、早稲田ー駒澤が決勝の座を争う。てか、今朝のエルゴラ読んだら、私的オキニの駒大田谷君(私の中ではキング・オブ・泥)はまだ卒業後の進路が決まってないって~?なんでだ?エルゴラ曰わく「駒大魂の継承者」「無尽蔵のスタミナ」と絶賛につき、是非J入りして欲しいがな。それがジェフなら最高なんだが。

女子も11日に準決勝、大体大ー武蔵短(レディース石田、柴田、杉浦母校)、早稲田(同 後藤)ー日体大(同 浅野、綱川、奥平)が母校対決!これも内輪で盛り上がってそう。

…観たかったな…またまた仕事で今年は行けねーっ。行ける人は国立へゴーだっ!(寂)

大会公式

同 女子

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 6日 (日)

高校選手権準決勝~決勝は流経柏-藤枝東に

寒の間というか、日差しを浴びると暖かくて思わず腕まくりさえした国立。
A_3B_4第1試合の流経柏-津工業(三重)は流経が昨日の緊迫した東福岡戦のウサを晴らすかのような大爆発。大前君の4発を含め6-0の大勝。津工も序盤こそ良く耐えていたと思うけど、試合が進むにつれ流経の強さが際立ってきたね。
B_6A_4 第2試合、高川(山口)-藤枝東(静岡)は0-1で藤枝東。高川は「らしくなかった」勿論終盤の猛攻には国立が沸いたけど、全般に淡白に感じた。もっともこれだけの連戦、疲れが溜まらないわけない。個人的にも、またジェフサポ的にもNo19 伊藤 淳嗣の出身高でもあり応援していたが、残念んんん!
C_3C_4試合後は決勝進出叶わなかった津工、高川両チームを3位表彰。もちろん全国のtop3なわけで、胸を張って帰ってほしいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 5日 (土)

高校選手権準々決勝~臨海から人があふれてます

AB_2第1試合、流経柏-東福岡
お互い守備の意識が高く「負けたくない」が伝わる試合はPK戦で決着。双方に惜しい場面はあったけど、勝敗はPKでしか決められないような拮抗した内容に感じた。
A_2B_3第2試合は藤枝東-三鷹。先ず「白、白、白」でゴール裏芝生席まで埋め尽くされた三鷹の動員にびっくり!後入場の方に聞けば、入場制限まであったようだ。対する藤枝東の応援もがんばる。エスパのような「みんなで踊り系」の応援まで飛び出し、これまたびっくり。試合は藤枝東のほぼ一方的なものだったけれど、三鷹も終盤見せ場がつくれたこともあったか、終了後三鷹応援席(てか、スタ全体)は「お疲れさん」の雰囲気につつまれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 3日 (木)

高校選手権3回戦~臨海初詣

今年初臨海は、すっきりとした青空。1回戦で出場校を翻弄したと聞いた強風も無く、昨日より寒さも和らぎ絶好の観戦日和。地元校出場とも相まって早い時間からかなりの混雑。駐車場確保の為9時過ぎには競技場入りしたのだが、桜並木や体育館前に続々詰め掛ける応援バスがぎっしりと並んだ。
CA第1試合は流経大柏(千葉)-北越(新潟)。流経柏の縦に速いパスワークがお見事!1点目は29分、北越ゴール正面のFKを北越GK渡邊君が反応良く弾くが、こぼれた所を流経No2中富君が押し込み、更に39分にも加点し前半で2点をリード。その後も流経は北越ゴールを襲い続けるが、渡邊君が獅子奮迅!飛ぶ、弾く、とめる。2-0で試合終了だが、記録で見ると流経柏のシュートは22本!北越もよく堪えたって処か。この日流経は相手の応援席への挨拶も忘れず安堵(順番はアレでしたが)。
A_2B_4 第2試合は東福岡(福岡)-佐賀北(佐賀)の隣県対決。東福岡は優勝候補の呼び声高く、ほぼ一方的に攻め続ける。2列目からの飛び出し、CKからのヘディング2発と、順調に3点をリード。しかし残り9分で攻撃の核No10井上君が2枚目のイエローをもらい退場!すると井上君のマークから解かれた佐賀北は、がぜん活気付き反撃開始。1点を返しなお攻め続けるが…3-1で終了。
5日ここ臨海での準々決勝は流経柏ー東福岡。東福岡は井上君の出停が痛いが注目カードに違いなし。もう1試合も藤枝東(静岡)ーあれよあれよな三鷹(東京)!随分と賑やかな臨海になりそうだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 2日 (水)

2008年サカ観初め~高校選手権2回戦・柏の葉

AB第1試合は地元流経大柏-久御山(京都)。久御山が高円宮杯優勝の流経に互すプレス合戦。イエロー乱発の挙げ句、双方にレッドによる退場者の出る激しい試合。結果は2-1で流経大柏の勝ちだけど、試合後対戦相手の応援席への挨拶を怠ったのはNGだよなぁ~。
B_2A_2第2試合は東福岡(福岡)-野洲(滋賀)。互いにパステンポが小気味良く、観ていて気持ち良かった。東福岡の前線の速さ、野洲GKのスーパーセーブ連発!80分間堪能させてもらいました。1-0で東福岡勝利だが、敗れた野洲も十分「セクシー」を見せてくれ、2年生主体とのことで来年も楽しみ。
今年もサッカージャンキー全開の予感(確信)のする年明け。っつーことで、今年もヨロシクです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月31日 (月)

watapapaが行った~2007

1 1/ 2 高校選手権 八千代 - 尚志 臨海
2       前橋育英 - 那覇西 臨海
3 1/ 3     八千代 - 野洲 臨海
4       丸岡 - 那覇西 臨海
5 1/ 6     作陽 - 神村学園 国立
6       八千代 - 盛岡商業 国立
7 1/ 7 インカレ 駒澤大 - 福岡教大 臨海
8       明治大 - 関西大 臨海
9 1/ 8 高校選手権 作陽 - 盛岡商業 国立
10 1/14 インカレ女子 日体大 - 大体大 国立
11   インカレ 駒澤大 - 早稲田大 国立
12 1/21 県女子リーグ レディースA' - 蘇我SC レナウンG
13 2/11 プリンス参入戦 U-18 - 幕張総合 柏の葉
14       渋谷幕張 - 習志野 柏の葉
15 2/17     U-18 - 習志野 柏の葉
16 2/18 ちばぎんC TOP - 日立柏
17 3/ 4 Jリーグ TOP - 名古屋 瑞穂
18 3/10     TOP - 清水 フクアリ
19 3/17     TOP - 鹿島 フクアリ
20 3/18 天皇杯県予 U-18 - 流経大柏 秋津
21 3/21 JFL リザーブズ - アローズ北陸 臨海
22 3/25 ナビスコ予選L TOP - 広島 フクアリ
23 4/ 1 関東大学L 駒澤大 - 東海大 西が丘
24       流経大 - 青学大 西が丘
25 4/ 8 Jリーグ TOP - 横浜FC フクアリ
26 4/11 ナビスコ予選L TOP - G大阪 フクアリ
27 4/15 JFL リザーブズ - YKK 臨海
28   関東大学L 早稲田大 - 東海大 フクアリ
29 4/22     法政大 - 東海大 平塚
30       明治大 - 国士大 平塚
31 4/28 JFL リザーブズ - HONDA フクアリ
32 4/29 なでしこL レディース - 狭山 秋津
33 5/ 3     レディース - 熊本 中田
34 5/ 6     レディース - 福岡A 宇美
35   Jリーグ TOP - フクアリ
36 5/12 関東大学L 筑波大 - 東海大 埼玉第2
37       駒澤大 - 法政大 埼玉第2
38   Jリーグ TOP - FC東京 味スタ
39 5/13 なでしこL レディース - マリーゼ フクアリ
40 5/19 Jリーグ TOP - 広島 フクアリ
41 5/20 なでしこL レディース - 高槻 湖南
42 5/26 Jリーグ TOP - G大阪 フクアリ
43 5/27 なでしこL レディース - 清水第八 愛鷹
44 6/ 3 JFL リザーブズ - 刈谷 臨海
45   サテライトL サテライト - 鹿島 臨海
46 6/ 9 Jリーグ TOP - 横浜FM 日産
47 6/10 サテライトL サテライト - 鹿島 鹿島
48 6/17 なでしこL レディース - B京都 長生
49   Jリーグ TOP - 甲府 フクアリ
50 6/23     TOP - 新潟 フクアリ
51 6/24 なでしこL レディース - 狭山 埼玉第2
52   サテライトL サテライト - 日立柏
53 6/30 Jリーグ TOP - 横浜FC 日産
54 7/ 1 なでしこL レディース - 熊本 熊本
55 7/ 8     レディース - 福岡A 秋津
56 7/15     レディース - マリーゼ 郡山
57 7/16 JFL リザーブズ - 佐川急便 中台
58 7/21     リザーブズ - HONDA 都田
59 7/22 なでしこL レディース - 高槻 東総
60 7/29     レディース - 清水第八 東総
61 8/11 Jリーグ TOP - 川崎 フクアリ
62 8/12 JFL リザーブズ - 流経大 臨海
63 8/15 Jリーグ TOP - 鹿島 鹿島
64 8/18     TOP - 磐田 フクアリ
65 8/19 県女子ユース LU-18 - 中央学院 スポレク
66 8/25 なでしこL レディース - B京都 園部
67 8/26 天皇杯県予 リザーブズ - 流経大柏 秋津
68       順天堂大 - 国際武大 秋津
69 8/29 Jリーグ TOP - 大分 フクアリ
70 9/ 2 なでしこC レディース - ベレーザ 臨海
71   キリンチャレンジC 女子代表 - ブラジル フクアリ
72 9/ 9 なでしこC レディース - 狭山 埼玉第2
73 9/15 Jリーグ TOP - 神戸 フクアリ
74 9/16 エキビジョン レディースB - JEF U-13 フクアリ
75 9/17 なでしこC レディース - 大原 南長野
76 9/23 サハラ予選L U-18 - 草津 臨海
77 9/30 Jリーグ TOP - F東京 フクアリ
78 10/ 8 なでしこL レディース - 狭山 東総
79 10/14     レディース - 熊本 東総
80   サテライトL サテライト - 札幌 東総
81 10/20 Jリーグ TOP - 浦和 フクアリ
82 10/21 なでしこL レディース - 福岡A 宇美
83 10/27 Jリーグ TOP - 広島 広島ビ
84 10/28 なでしこL レディース - マリーゼ 三ツ沢
85 11/ 3 JFL リザーブズ - 横河  西が丘
86 11/ 4 なでしこL レディース - 高槻  秋津
87 11/10 Jリーグ TOP - G大阪 万博
88 11/11 なでしこL レディース - 清水第八 富士
89 11/18 サハラ予選L U-18 - 札幌U-18 稲毛
90   なでしこL レディース - B京都 稲毛
91   Jリーグ TOP - 横浜FM フクアリ
92 11/24     TOP - 清水 日本平
93 11/25 JFL リザーブズ - 鳥取 臨海
94 12/ 1  Jリーグ TOP - 名古屋 フクアリ
95 12/ 2 全日本女子 レディース - 伊賀FCF 上野
96 12/ 9 県女子リーグ レディースA' - VIDA G 千葉大
97       レディースB - E船橋 千葉大
98 12/16     レディースB - 千葉大 千葉大
99       レディースA' - 蘇我SC 千葉大
100 12/22 全日本女子 レディース - INAC  美作
101 12/30 高校選手権 都立三鷹 - 高知中央 国立
102 12/31     岐阜工 - 高川学園 駒場
103       星陵 - 近大附属 駒場

【カテゴリー】    ( H/ A) 【スタジアム】
TOP 27(18/ 9) フクアリ 23
サテライト   4( 2/ 2) 臨海 14
リザーブズ 10( 8/ 2) 秋津/国立 各6
U-18   5( 5/ -) 東総    5
レディース 26(12/14) 埼玉第2/千葉大 各4
レディースB   6 西が丘/柏の葉 各3
大学 12 30
高校 11
  2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サカ観納めは駒場で高校サッカー

やはりジェフサポ期待の益山君&個人的ご贔屓高川学園を観ようと駒場へ行く。習性とは怖いものでメイン開放にかかわらず、気がつくと出島(アウェイ隔離席)にきてしまうジェフサポたち数名(含・私)。受付でチケットに裏判を押してもらい、無事メインに移る。
AB_2本日第1試合は岐阜工(岐阜)ー高川学園(山口)戦。益山君は10番を背負い奮闘するが、高川の速くワイドな攻めに屈する。残念 0-3で1回戦敗退。それにしても高川は郷里の知人から「多々良最後の年に比べて若干小粒」と聞いていたのだが、なかなかどうして厚みのある攻撃は迫力十分でした。そして益山君、ジェフへようこそ。この日の涙はジェフで華開かせようじゃないか。
A_2B_3続く第2試合、星陵(石川)ー近大附属(大阪)は胸うたれる好ゲームだった。総体準優勝の星陵は初っぱなから運動量全開でパスを回し走り込む。近大附も堅く守り、奪ってカウンターで攻めあがる。フルタイム上下動の激しい闘いは、終盤両チームに足がツる選手が続出する。そしてPK戦…。結果近大附属が勝ち上がるが、自分的には「敗者のいない好ゲーム」だった。
これにて2007年のサッカー観戦はおしまい。今年も「観て良かった」と心に刻むサッカーの数々に出会えたことに感謝を。そして、また来年も出会えますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月30日 (日)

第86回全国高校サッカー選手権大会開幕

BA選手入場時には爽やかな青空に恵まれていた国立競技場。行進時貴賓席前では各チームそれぞれポーズをきめるのだが、新潟代表北越は「全国からの友情をありがとう」と、災害援助への感謝のメッセージを手に行進。
A_2開会式に続いて行なわれたオープニングゲームは初出場同士、都立三鷹(東京B)vs高知中央(高知)。キックオフ前から降り始めた雨の為か大舞台のプレッシャーか、ミスや鈍さの目立つ試合だったが、得点ごと元気を増す三鷹が3-1で初陣を飾る。
さて31日も好カード目白押し、どこへ行こうか本気で悩む…。ジェフ入団が決まっている益山くんの岐阜工vs高川(前・多々良)の駒場か、臨海での野洲vs韮崎か…うーーーん(悩)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧